グラトリ ビンディング 選び方

グラトリ向きのビンディングについて

グラトリしやすいビンディングというのは、人によって好みが分かれます。

 

ブーツと同様にビンディングも硬さによって板への反応速度が違ってきます。硬いビンディングは板への反応がクイックになるので、そのぶん板をコントロールする技術が必要です。また、踏み切りのときの力が板に伝わりやすいので、スピン系(とくに高回転スピン)トリックは硬いビンディングの方が向いています。

 

柔らかいビンディングは硬いものに比べてスタイルを出しやすいという特徴があります。
足首の稼動範囲が広いので、プレス系やスライド系のトリックをスタイリッシュに決めることができるでしょう。また、硬いビンディングに比べて板への反応は少しゆとりがある感じです。

 

それから、ステップインのビンディングは足の稼動範囲が制限されるのでグラトリには向きません。普通のストラップタイプのビンディングを選ぶようにしてください。

 

ビンディングの選び方

ビンディングを選ぶときに重要なのはブーツとの相性です。ビンディングにブーツがフィットしていないとボードのコントロールが難しくなってしまうからです。
ですので、ビンディングを購入する際にはブーツを持って行き、実際にブーツにビンディングをはめてみてフィットしているかどうかを自分の目で確認しましょう。

 

主なチャックポイントはこちら。

  • ブーツの幅とビンディングの幅がピッタリ
  • かかとがちゃんと収まっている
  • ブーツの裏とベースプレートに隙間がない

 

この他にビンディング自体が軽い方がグラトリしやすいです。
おすすめのグラトリ向けビンディングはバートンとFLUXです。

  スポンサーリンク

グラトリ向きのビンディングの選び方関連ページ

板の選び方
グラトリしやすいスノーボードの板の選び方を詳しくお伝えします。板の長さ、太さ、硬さ、形状、初心者向きのグラトリ用ボードなど。
ブーツの選び方
グラトリ向きのスノーボードブーツについての情報ページです。グラトリしやすいブーツの選び方のポイントなど。
スタンス幅や角度
グラトリ向けのスタンス幅や角度についてお伝えします。スノーボードにビンディングを設置する位置やダックスタンスの角度など。
上達のコツ
スノーボードの上達のコツやグラトリの具体的な上達方法をご紹介します。イメトレや動画など。
家での練習方法
グラトリを家での練習方法や自宅でできるスノーボードのオフトレの方法についてご紹介します。
マナー・注意点
ゲレンデ内でスノボーのグラトリをするときのマナーや注意点についてお伝えします。

HOME トリック動画一覧 基礎知識